ボスボラス海峡クルージング

9日目・ボスボラス海峡クルージング

スポンサードリンク

トルコの首都アンカラで一泊してまたイスタンブールへ向かいました。
観光はしていないのですが、アンカラはイスタンブールより静かな街のイメージでした。
イスタンブールに戻り、旧市街スルタンアフメット地区にあるトプカプ宮殿を見学しました。
ここでは色々な展示品を見ることができ、19世紀の日本の有田焼も展示されていて驚きました。
トプカプ宮殿で一番印象に残ったのは宝物館です。
ここではものすごく豪華で大きな宝石が展示されていて観光客は群がって見いっていました!
トプカプ宮殿はマルマラ海峡、ボスボラス海峡を望める小高い丘に建てられていて、ここからの眺めは最高でした。

 

 

トプカプ宮殿からの景色

 

 

この日のお昼ご飯はイスタンブールにある日本食レストランで食べました。
日本食というか、カリフォルニアロールのようなものが出てきましたが、
トルコ料理に胃が疲れていたのかお味噌汁にはすごく癒されました!
トルコ料理は羊の肉や、お米が出てきてもバターライスだったり、
オリーブオイルをドレッシング代わりにかけたりと、日本人の口には少し油っぽかったと思います。

 

 

 

昼食をすませて、ボスボラス海峡のクルージングに行きました。
ボスボラス海峡には大小様々な船が行き来していて、私たちの乗った船は小さかったのですが、
風が気持ちよくて眺めも最高でした。
海の上から見るボスボラス大橋はかなり大きくて迫力があり、
折り返してから遠くに霧がかかりながら見える旧市街のモスクはポストカードのようにキレイな景色でした。
船の中にあるカフェで定番のチャイや濃厚なトルココーヒーを飲んだり、ゆったりとクルージングを楽しみました。

 

 

ボスボラス海峡クルージング

スポンサードリンク